女性が抱える職場ストレス

女性が多い職場で働きながら思うのは、「女性の園」では人と適度な距離をとることが非常に大事であるということです。職場の(特に女特有の)人間関係で悩む女性は、周囲を見渡すと実に多くいらっしゃいます。転職を考える理由でトップに挙がるのはやはり「働きやすい環境でなくなった」「いじめが発生している」など人間関係のことばかりです。特に看護師のように、ほとんどが女性の職場で多く見受けられる気がします。看護師の転職理由でも、職場環境はダントツのようです。働きにくくなった看護師はどうするかというと、他の病院の看護師の求人を探して転職してしまうそうです。

人間関係が良く精神的に楽な仕事がいいのは誰でも同じですよね。仕事で楽をしたいと言う意味ではなく、どんなに忙しい仕事もこなしやすい環境であると言う意味で。転職で考えるのことは一番大切なのは人間関係で仕事内容はその次であるということ。仕事はどんなに覚えが悪くても努力すれば必ず何とかなります。ましてや指導者が良い人であれば、自然に身についていくものです。人間関係は自分の努力だけではどうにもなりません。性格的に合わなければ大変苦労します。
私の今の職場でもどうしても好きになれそうにない人が二人程います。一緒に仕事をする時、この二人の前だとどうしても緊張感だけが先走ってしまい、上手く仕事をこなす事が出来ません。その度に叱責されるのですが、ほとほとうんざりとしてしまいます。わたしの場合、怒られて伸びるタイプではなく、あからさまに不貞腐れてしまうのでますます厄介だと思います。逆に褒めて伸びるかどうかと言えばそうでもなく、喜んで調子に乗ってしまうめんどくさいタイプでもあるのですが・・・。できることならほどほどに注意してほどほどに褒めて欲しいのです。

精神的に圧迫感を与える人はそのつもりは無いのでしょうが、こちらからすれば相当なストレスになります。指導してくれる事に感謝はするとしても、人間的に尊敬出来なければそこまでの人。良い先輩、良い上司と思われ、慕われるためにはまず尊敬できる人にならなくてはいけないと思います。仕事を辞めて行く人が多いのは仕事内容に不満があるのではなく、そんな尊敬出来る人がいないからではないかと思います。
自分がされた事を、次の新人に同じような嫌な目に遭わせてしまわないためにも、会社側は主にパワハラ教育をしっかり指導しなければいけないと思います。

Write a comment